美容外科の光治療でシミやそばかすを消す|美肌を作る方法

ウーマン

美肌を保つコツ

婦人

紫外線対策をすること

美容外科で治療をすれば、シミやシワを消せます。しかし、ちょっと油断すると再発することがあります。注意をしたほうがいいのが紫外線です。紫外線を浴びると肌内部にメラニン細胞が生まれます。メラニン細胞は普通ならば自然に分解されてなくなります。しかし、加齢や不規則な生活などで新陳代謝が乱れると、分解されずにシミになります。シミ、そばかす、ニキビ跡の色素沈着など、すべて紫外線が影響してできる症状です。また、紫外線は活性酸素を発生させます。活性酸素は体の「さび」とも言われていて、美肌の大敵です。そのままにしておくと肌が酸化します。肌が酸化すると細胞の機能が衰えます。コラーゲンやエラスチンが減少していき、シワや原因になります。

定期的なメンテナンス

紫外線対策をして普段から美容外科で定期的なメンテナンスをしていれば、シミやシワの予防が出来ます。フォトフェイシャルなどの光系の治療は、シミの排出とシワの予防に効果があります。光をあてるとシミがかさぶたになって剥がれていきます。さらに表皮の下に潜んでいるシミ予備軍も退治できます。また、真皮に働きかけてコラーゲンの生成を促す働きもあります。定期的に治療を続けると、老化しにくいハリと潤いのある肌になります。フォトフェイシャルやその上位機種であるフォトシルクプラスは、一回1万円ほど受けられます。ダウンタイムはなく、安全性が高い治療です。肌への負担を考えて、30日以上の間隔をあけて治療を続けるのがお勧めです。

ヒアルロン酸で出来ること

注射器

ヒアルロン酸を注射で皮下組織に入れる整形をヒアルロン酸注入と言います。深くなったほうれい線のシワは、ヒアルロン酸注入をして浅くすることができます。納得の結果を得るには事前にしっかりカウンセリングを受けることが大切です。

Read More

気になる顔の加齢の予防法

スキンケア

しわと一口に言っても様々で、対策もそれぞれ異なって来ます。乾燥が原因の小じわは保湿ケアで治まりますが、表情じわは、表情筋を動かすエクササイズがお勧めです。またちりめんじわや大じわは、たんぱく質やビタミンを摂り、保湿ケアをしっかりしましょう。大じわは特に、マッサージなどで無闇に肌を動かすのは禁物です。

Read More

若さを維持する

ウーマン

しわが多いと見た目年齢が老けて見えてしまいます。直射日光には注意をしましょう。しわの原因は、肌の水分不足が挙げられます。また精神的なストレスによってもしわは増えるために、スポーツや趣味などで気分転換をする事が重要です。

Read More